家は、「木」と「鉄」のどちらが良いのか?

「木」です。

理由は、熱伝導率が低いからです。
熱が伝わりにくいことがメリットになります。

また、材料の軽さです。

同じ大きさの家では、木造だと30トンに対して鉄骨造では60トンの約2倍になります。

なお、木造には2つ工法があります。

1)在来工法(木造軸組工法)
2)ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)

ちなみに、建物の構造は大きく分けて5種類になります。

①木造
②LGS造(軽量鉄骨造)
③S造(重量鉄骨造)
④RC造(鉄筋コンクリート造)
⑤SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

コメント

このブログの人気の投稿

ミサワパーク東京を見学した